<保護者向け勉強会>発達障害のある子の
将来と今からできる準備

開催中の勉強会

発達障害のある子とそのご家族へ
「安心」を届けるメルマガを配信しています

発達障害やライフプランに関する知識、ノウハウを活かし、
発達障害のあるお子さまとそのご家族の困りごとについて、情報配信を行っています。

Cases

支援級?普通級?

進路相談で学校からどちらも選択できると言われて悩んでいましたが、双方の特長を解説してもらい、子どもにあった環境を考えるきっかけになりました。(小学6年・母)

グレーゾーン、子どもの特性を活かすには

こだわりの強い息子が好きなことに熱中できるよう中学受験も検討していました。配慮のある学校や現実的な学費などがわかり、とても参考になりました。(小学3年・父)

就学時検診で、発達が気になると言われ…

就学時検診で発達が気になると言われてとても不安でした。小学校入学から、その先の進路の選択肢まで教えていただき、少し見通しが持てました。(年長・母)

発達障害児2万人以上の指導実績とノウハウ

発達障害のある子ども向け学習教室「LITALICOジュニア」での、全国100教室・2万人以上への指導実績を通して培ったノウハウを元に、進路や自立に関する情報提供やご相談を承っています。

関連サービス

総合監修

井上 雅彦
Masahiko
INOUE

鳥取大学医学系研究科臨床心理学講座教授。応用行動分析学が専門。30年以上自閉症のある子どもや家族の相談、療育・家族支援プログラムの開発に携わる。株式会社LITALICO社外取締役。

子育てはマラソンと似ています。子どもさんの将来の見通しを持っていくことに加えて、自分のご家族に合わせたペースを考えていくこと、それをいくつかのライフステージで見直し、コースやペース配分を整えていくことが大切だと思います。当勉強会がそれらのきっかけになれば幸いです。

亀田 徹
Toru
KAMEDA

文部科学省にて、大学改革、中高一貫制度などを担当するとともに、生徒指導室長およびフリースクール等担当官として不登校支援を推進。現在、株式会社LITALICO執行役員。

安心のために、まずは知ることが大切。お子さまの将来の選択肢が広がれば、自分に合った環境をお子さま自身が選ぶことができます。これからのことについて早い段階から考え、見通しを立てておく。親御さまとして今から準備できることを、いちど整理されてみてはいかがでしょうか。

講師紹介

就学準備、中学・高校受験、キャリア支援など、さまざまな専門領域をもつ講師が勉強会を担当します。

よくあるご質問

Q
勉強会に費用は発生しますか?
A

一部の勉強会を除き、無料にてご案内をしております。料金は各テーマページにてご確認ください。
テーマ一覧

Q
子どもを連れて参加できますか?
A

ご参加可能です。
専用の託児スペースの設置や託児スタッフを配置しておりませんので、お子さまは、保護者様と一緒に座ってご参加いただきますようお願いいたします。
お気に入りのおもちゃや音の出ないゲーム、絵本などをお持ちいただき、お子さまが最後まで楽しく過ごせるよう、ご協力をお願いしております。

Q
勉強会当日、夫/妻や友人と一緒に参加しても良いですか?
A

ぜひお誘いあわせの上、お越しください。お席の関係上、事前に人数変更のご連絡をいただいております。下記、お問い合わせ窓口までお電話・メールください。
E-mail:info@litalico-life.co.jp

※使用している画像の一部はイメージです。