講師紹介

永井 康裕 Yasuhiro NAGAI
永井 康裕
Yasuhiro
NAGAI
発達障害
資金計画
子育て相談
ヘルスケア
人材教育業界にて、予防医療など家庭向け健康教育を500家庭以上に実施。子どもの心と体の健康を育む教育に精通。
脳に障害のある叔母との生活から、障害のある方のライフプランニングの必要性を感じ、発達障害に関する勉強会・個別面談を担当。
子どもの個性の活かし方や関わり方、家族の将来の生活に関してなど、幅広い分野でのご家庭ごとのお悩みに対応している。
“What I value”

お子さまがどうすれば自分らしく活き活きと成長していくのかを、共に考えていきます。お父さま、お母さまには普段生活をしていく中で、お子さまのこと以外にも考えることが沢山あるかと思います。それらは、方向性や具体的対策があるだけで、意外とシンプルだったということをよく聞きます。頭の中を整理することで、身も心も軽くなって、お子さまだけでなくご家族皆さまが自分らしい人生を歩めるよう、お力になりたいと思います。綺麗ごとの話だけでなく、お互い真剣に向き合い、「あの時から人生が変わった」「これからがさらに楽しみになった」という時間を創っていきましょう。

ご相談事例

この講師がコンサルタントとして個別面談を行った事例をご紹介します。個別面談では、ご家庭の幅広いお悩みにお応えしております。

発達障害
未就学
「進学や自立がイメージできない」そんなお悩みに具体例を上げてご安心いただきました
お子さまに中程度の発達障害があり、何が得意で何が苦手かもわからないまま、今後の成長をイメージできずに「将来この子は自立ができるんだろうか」と漠然とした不安をお持ちだったご家族さま。 同じような特性のお子さまの成長エピソードや、具体的な学校の選び方をお伝えしたところ「こうゆう環境だと過ごしやすいかも」とお子さまの成長する様子をイメージしていただき、具体的な方針を持てるようになりました。 さらに自立が難しかった場合のことも想定した備えご提案したことで、精神的にも安心してもらうことができました。「この子の良いところを伸ばせる環境を選んであげよう」とお母さまも前向きな様子に。
発達障害
中学進学
仕事を辞めて自宅療育を頑張っていたお母さま。相談をきっかけに「やりたこと」に挑戦
お子さまは学校での友人関係や兄弟への関わり方など、気になる行動が多く、お母さまがずっとやっていた仕事を辞めて専業主婦に。 お子さまの好きなことを伸ばし、苦手なことで自己肯定感が下がらないよう、居場所となるような中学校選択と習い事をご提案いたしました。 安心してお子さまのことを相談できる場所が見つかったことで、お母さまも「もう一度やりたかったことを始めたいな」と前向きになられたご様子でした。また、これまでのご自身の経験を生かして障害特性のある子どものサポートがしたい、と新たに、お仕事探しにも挑戦しているそうです。お父さまもそんなお子さまとお母さまの姿をみて、とても嬉しそうでした。