講師紹介

横田 佳乃子 Kanoko YOKOTA
横田 佳乃子
Kanoko
YOKOTA
発達障害
資金計画
仕事・働き方
グレーゾーン支援
熱中したことだけを黙々とやり続ける兄との二人兄妹。兄・自身の経験からお子さまに合った進路・就職のアドバイスを行う。
前職にて人材採用支援に携わる。メーカー、住宅/不動産、航空、鉄道など様々な業種に向けて、計3000人以上の採用に貢献。
100以上の企業を訪問し、副業やフリーランスなど固定概念にとらわれない多様な働き方の知見を持つ。
“What I value”

自分自身の幼少期からの経験を振り返ると、自分らしく生きていくうえで環境との相性がいかに大事であるかを考えさせられます。会社員になった姿を全く想像出来ず心配に思っていた兄ですが、現在は自分に合った働き方を見つけ、充実した日々を過ごしています。

お子さんには将来どんな姿でいてほしいのか、一緒に考えてみる時間をつくりませんか。自分らしくいられる場所や過ごし方、そして生き方。面談ではご家族の思いにじっくりと向き合います。そして、その選択を全力で応援します。

ご相談事例

この講師がコンサルタントとして個別面談を行った事例をご紹介します。個別面談では、ご家庭の幅広いお悩みにお応えしております。

発達障害
小学生
ADHDのお子さま。本人の過ごしやすい環境に着目し、進路の選択肢が広がった
お子さまがADHDと診断を受け、今後の進路に対して漠然とした不安を抱えており、中学校の選択に悩んでいた夫婦。お子さまの好きなことや苦手なことを話していく中で、両親が一番大事にしている思いを引き出すことができました。それは、“楽しく生活していく力”を身につけること。好きなことに取り組める環境を学校の時間以外に設けたいとのことから、LITALICOワンダーに通い始めることに。将来に関しては、どのような環境や配慮がある仕事なら過ごしやすいのかを一緒に整理。子どもがどんな進路選択をたどったとしても、老後まで困ることのないよう資産形成をおこなうお手伝いをさせていただきました。面談をきっかけに、何を大事にして進路選択をしていったら良いのか、判断基準を持つことが出来たようです。
発達障害
小学生
困り事を一緒に整理して課題解決。お子さまの特性を肯定的に見れるようになったご家庭。
勉強が苦手なお子さまで、お母さまも良いことろをなかなか見つけられず、ネガティブな感情になってしまってたご状況。“困りごと”について、本人が感じていることと、親御さまが感じていることを整理していく中で、親としての困りごとと、子どもの困りごとがイコールではないことにご認識。個と環境の相互作用についてもお話しして、環境選びの基準も一緒に考えてました。 漠然と課題が山積みのように感じてネガティブになっていた感情も、課題が整理されたことにより和らいだようで、お子さまを肯定的に見れるようになったご様子。家計を明らかにする中で、母が働く一歩を踏み出すきっかけも。