毎日ゲームや動画ばかり。 この集中力を他に活かせたらいいのに…。 ゲームや動画視聴が趣味や得意に繋がったお子さまのお話

こんにちは。安心を届けるメルマガ編集部です。

あっという間に夏休みも終わりに近づいてきましたね。
今年は普段と違ってお出かけもできず、お子さまは一日中家でゲームや動画ばかりだった…というご家庭も多かったのではないでしょうか?

「一日1~2時間程度にしようね、と約束していたのに、気がつけば5時間も見せてしまった…」なんてお話もよく聞きます。

ゲームや動画視聴が、趣味や得意に繋がることはあるのでしょうか?

今、中学生がなりたい職業は「YouTuber」や「ゲームクリエイター」

毎日YouTubeやゲームばかりで、言うことも聞いてくれないし、他のことにも手がつかない。この集中力を他にも使ってくれたらいいのに…、というお悩みをよく聞きます。

ゲームばかりでは視力が落ちるし、姿勢だって悪くなる…。

親としては気になることもあると思いますが、そんな親の心配とは裏腹に、いまや子どもに人気の職業に「YouTuber」や「ゲームクリエイター」が選ばれています。

調査によると、
男子中学生の将来なりたい職業では、
1位「YouTuberなどの動画投稿者」
2位「プロeスポーツプレイヤー」
3位「ゲームクリエイター」
と、1~3位まで、新たな職業がそろい踏み。

女子中学生は芸能人や「絵を描く職業」に続き、「医師」「公務員」など、現実的な職業が続きますが、7位は「YouTuberなどの動画投稿者」となっています。

出典:中高生が思い描く将来についての意識調査2019(ソニー生命)
https://www.sonylife.co.jp/company/news/2019/nr_190806.html#sec6

今や子どもたちに身近な職業としても、ゲームやYouTubeの存在は大きいようです。

一つ一つ「できた!」という成功体験を積むことで、趣味に繋がったり、生活リズムも変わったお子さまたちのお話

お子さまのゲームや動画への興味・関心は、得意や自己肯定感の向上に繋がると考え、LITALICOでもIT×ものづくり教室「LITALICOワンダー」を運営しています。

現在首都圏を中心に17教室あり、3000人以上のお子さまが通ってくださっています。

実際に、これまでは動画を見るばかりだった、飽きっぽかった、という子たちが、趣味ややりがいを見つけて、自発的に成長するようになったお話がたくさんあります。

例えば、飽きっぽい男の子。
保護者さまは「90分のプログラムも、きっと途中で飽きてしまうのだろうな」と思っていました。ところが、男の子は、見たこともないほど集中し、「自分のお年玉を使って通い続けたい」とお願いしたそうです。
休日は学校の疲れで起きるのが遅くなりがちだったそうですが、通うようになってからは、早起きするほど楽しみにしているそうです。

また、「苦手なことばかりで得意なことなんてない」、と思っていた女の子。絵を描くのも苦手でした。しかし保護者さまは、できないと思わず楽しんでほしい、と体験させることにしました。女の子は当日の朝まで不安そうだったようですが、実際に出来上がった作品がとても嬉しかったようで、自分から「また行きたい」と言ってくれたようです。

他にも、紙に書くことに苦手意識があった男の子が、パソコンやタブレットを使うことで自分の得意を見つけたり、親が何も言わなくとも、家で自発的に取り組むようになったお子さまもいらっしゃいます。

LITALICOワンダーでは、お子さまの特性に合わせた配慮があるのはもちろん、お子さま本人の興味のあることからプログラムの内容が決まっていきます。そのため、「どう作るといいんだろう?」という探求心や、「できた!」という達成感が生まれ、「もっとやりたい!」という意欲に繋がります。その結果、趣味ややりがい、将来の夢に結びついているということでした。

お子さまがゲームや動画ばかりで悩んでいる、というお声もいただきます。それが強みや得意、将来に繋がることがあれば嬉しいですね。

オンラインも可能ですので、自宅からでもできます。
LITALICOワンダーで、IT・ものづくりの無料体験をしてみませんか?

「実際、うちの子には合うの?」「興味あるのかな?」と気になった方には、無料体験をご用意しています。

オンラインも可能ですので、新たな趣味探しとしてご活用ください。

更に無料体験を実施されると、Amazonギフト券500円分もプレゼント中です!

安心メルマガ読者の方限定のプレゼントです。ぜひ体験してみてください。

「LITALICOワンダー」ではお子さまの好きなことややりたい事から始められます。

例えば自分の好きなゲームやアプリを作ったり、好きなアニメのキャラクターや自分で描いたキャラクターを自由に動かしてみたり、好きな遊びを通してプログラミングを学ぶことができます。

そして、生徒さんの中には技術力を武器に、高校受験をして進学したり、社会人になってゲーム会社に就職した子もいます。

《LITALICOワンダー 無料体験にあたっての注意点》
※無料体験は、LITALICOワンダーの体験授業をまだ受けたことがない方に限り、ご利用いただけます。
※プレゼントの進呈は、上記申込フォームより体験申込みされたことを確認できた場合に限ります。
※体験授業受講特典のAmazonギフト券のプレゼントはメールでおこない、体験授業実施の翌月末に送付となります。

[LITALICOワンダーへのお問合せ]
0120-990-080
平日 12:00~19:00/木曜休み
土曜 11:00~19:00/日祝休み

この記事に関連するキーワード

この記事をシェアする